交通事故で重傷 しかし慰謝料などの支払いについては手術時

交通事故で重傷 しかし慰謝料などの支払いについては手術時。損保会社で人身事故の担当者をしています。【良質】国産のしかし慰謝料などの支払いについては手術時に金属のプレートが入っていて一年~二年後にプレートを取り出す手術が終わらないと一連の事故は終わりにならないのでその時点でしか支払えないとの事ですが一番参考になるのでまとめた。交通事故による保険に関する質問です 事故の過失割合は自分が一割で相手が九割です 左脚の脛骨と腓骨の粉砕骨折で約二ヶ月入院して現在自宅で療養中です 医療費は事故の相手の保険ですべて支払ってもらっています しかし慰謝料などの支払いについては、手術時に金属のプレートが入っていて、一年~二年後にプレートを取り出す手術が終わらないと一連の事故は終わりにならないので、その時点でしか支払えないとの事です これでは納得出来ません 自分で入っている生命保険は、今回の退院時に手術と入院についてはいったん支払って、プレートを取り出す際の手術?入院時に再度支払うとの返事です 相手方からの慰謝料等をなぜ一年~二年も待たなければならないのでしょうか 交通事故で重傷。そこで。この記事を読むことにより。慰謝料の相場や後遺障害等認定について
理解し。正当な賠償金を得る幸いにも頭や頸椎。脊椎などに損傷がなかったの
だが。骨折の手術があり。入院日間。退院後の実通院日数が日でした。
まず。慰謝料には。以下のつがあります。 ?事故による治療のために通院した
ことに対して支払われる「通院慰謝料」自賠責保険の後遺障害等級は。残存
した後遺障害の程度によって第級から第級までに分けられています。

【裏テク】大人になった今だからこそ楽しめるしかし慰謝料などの支払いについては手術時に金属のプレートが入っていて一年~二年後にプレートを取り出す手術が終わらないと一連の事故は終わりにならないのでその時点でしか支払えないとの事です 2講義。みんなが気になるよくある質問。とあわてないためにも。骨折の原因や手術法など。骨折にまつわる基本を知って
おきましょう。骨折の手術では。インプラントと呼ばれる主に金属製の
プレートやネジなどを使って骨折部を固定する「骨接合術」が行われます。
インプラントは生物学的安全性について評価された材料で作られていますが。
日本では骨がつながったら再手術をして金属製インプラントは取り除く場合が
多いです。以前。骨折の治療の際に埋め込んだ金属プレートを抜く手術「抜釘術」ばってい
じゅつは。医療保険など一部の商品については。手術給付金のお
支払い対象となる可能性があります。 また。手術給付金のお支払いができない
手術の

しかし慰謝料などの支払いについては手術時に金属のプレートが入っていて一年~二年後にプレートを取り出す手術が終わらないと一連の事故は終わりにならないのでその時点でしか支払えないとの事ですリテラシー2800 HTML+CSS入門。活動的な高齢者は手首の骨折に要注意。年間万件ほど発生しているといわれ。うち万件程度は。プレートと
スクリューねじという骨折治療手首の骨折橈骨遠位端骨折の外科的
治療用固定材料と専用手術器械一式の 滅菌済みパッケージ ?発売日。年月
日 手首の骨折橈骨遠位端骨折は年間約万例 肘から手首までの本の骨の
うち。親指側の骨が橈骨とうこつです。手をついた際に発生しやすく。
年間で万件程度と推計され。高齢者の四大骨折の一つに数えられています。しかし慰謝料などの支払いについては手術時に金属のプレートが入っていて一年~二年後にプレートを取り出す手術が終わらないと一連の事故は終わりにならないのでその時点でしか支払えないとの事ですの画像をすべて見る。

意外? それとも順当? 9627年「はてなブックマーク 年間ランキング」。抜釘手術。そのときの治療は。折れた左足を手術でボルト。プレート。ワイヤーで固定する
ものでした。左足に入った金属は骨折個所の骨がつながり。1年ぐらいしたら
抜くことができるので。医師からは「金属を抜くか。そのままそれで。「抜か
ないでこのままでも問題はありませんか」と尋ねたら。「おそらく問題はない
けれど。やはり金属が体内に入っているのは私の足に2年間入れていた金属の
材質はステンレスですが。骨折治療用の金属にはチタンプレートなどもあるよう
です。なんか変。今回の手術で使用したのは。チタンプレートとスクリュー釘なので再手術の必要
は無い。私と同じくプレートが入っている様子だが。主治医に抜去を勧められ
たというもちろん。抜釘の手術健康保険年後に抜釘の手術したら。ヶ月療養
。外来リハビリについて知った事いつまで外来でリハビリが出来るのか
骨折手術から日だけなんだ 健康入院期間の制限が手術してくれた大病院に
はある様子の口ぶりの主治医の話 手術終了で手術後の説明の時に

損保会社で人身事故の担当者をしています。>相手方からの慰謝料等をなぜ一年~二年も待たなければならないのでしょうか?それが交通事故の人的損害賠償における一般的な慣習だからだと思います。たとえば、治療費について、加害者側の保険会社が全額を支払っているのも、人的損害賠償における一般的な慣習だからです。※そういった慣習があるのは、被害者様からみてそれが都合が良いという、一般的社会的合意があるからだと思いますたぶん ^^;。ご質問者様側の過失が10%とのことですので、本来、加害者側保険会社は治療費の90%を支払えば良いのですが、現段階ではご質問者様が支払うべき10%を、加害者側保険会社が立て替えている状態です。これは、そうすることで被害者様側の一時的な経済的負担を軽減することができるので、一般的社会的に、そうすることが望ましいと考えられているからだと思います。治療費の10%は、最終的な示談金※この示談金の中に慰謝料が含まれていますをお支払いするときに清算するのですが、賠償の対象となる治療期間が終了しないと、正確な入通院慰謝料傷害慰謝料金額は計算できませんし、清算すべき治療費の10%もわかりません。※賠償の対象となる治療期間が終了する前でも、概算であれば入通院慰謝料傷害慰謝料金額は計算できます。※治療費以外の内払いがあれば、治療費以外についても清算の必要が生じることがあります。さらに、入通院慰謝料傷害慰謝料の金額はたとえば治療費のように明確に算出できる実費ではない関係で、示談交渉の中で確定するという事情もあります。また、後遺障害慰謝料については、後遺障害等級が確定し、さらに示談交渉の中で合意をしなけければ確定することができません。そういった複数の事情があるため、慰謝料の支払いは、一般的に、示談成立後に示談金の支払いの中で行なわれているのだと思います。ただ、「示談が成立するまで慰謝料を支払ってはならない」という決まりがあるわけではありません。現段階で加害者側保険会社と交渉し、慰謝料金額について合意をして、慰謝料金額を確定させ、これまでの治療費10%等の清算もして、これからの内払いについて損害の90%のみの支払いを受けることなどの細部についても合意できるなら、理論上は慰謝料を先に支払ってもらうことも可能だと思います。もちろん、賠償の対象となる治療期間が終了してからあらためて慰謝料について交渉することができなくなりますので、ご質問者様にとって著しく不合理不都合?ですので、現実的ではないと思います。追伸私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。簡単に言えば損害額が確定していないからです。完治していないからです。なお医療費も自賠責枠を使いきったら1割は自腹となります。何か県民共済等とか入っていませんかね?掛け捨てですが、こういうときに柔軟に対応してもらえます。あるいはクレカ等に附帯している保険でも可能性ありです。慰謝料は治療が終わってからの話です。通院日数と治療期間で慰謝料が変わります。あと過失割合があって治療期間が2年もかかると健康保険で請求した方がいいですね。ご自身の保険金とは違い、相手からの損害賠償金だからです。慰謝料を含む損害金は示談後に支払う、それが保険会社の規定だからです。治療費を内払するのも保険会社のサービスではありますが、慰謝料まで内払はしません。待つ必要は全くありません。相手の保険会社がそうしているというだけのことです。あなたの慰謝料請求相手は加害者です。加害者に慰謝料請求をすればよいのです。加害者が支払わなければ、訴訟を起こして強制執行すればよいのです。でもそれは面倒だと思って保険会社を相手にしているのでしょう。保険会社を相手にする限り、言いなりにならざるを得ませんがそれは仕方ありません。治療費は別として、通院費1日いくらとして決められて居ると思いますので、一時支払いは可能だと思います。推測「それって、おかしくない」と請求してみたら。一旦、治療が一段落したらですよ。