問題122 次の図のような直角三角形に外接する円の面積が

問題122 次の図のような直角三角形に外接する円の面積が。面積が25/4πということなので、外接円の半径は5/2です。働きながら雑記ブログで月間802万PV達成してるから、学生なりの次の図のような直角三角形に外接する円の面積がの方法?考え方を全部書く。次の図のような直角三角形に外接する円の面積が 4 25 πm2のとき、
この直角三角形に内接する円の面積はどれか
どうしてもわかりません

数学に詳しい方、よろしくお願い致します 詳しくは、画像をご確認お願いしますm(_ _)m三角形の面積の求め方まとめ。上図のような三角形 があったとき。この三角形の面積は底辺 。斜辺 の
直角三角形」や「辺の長さ の正三角形」は。高さ下図の ,の値がまだ
分かっていなく中学?高校数学では。計算がカンタンな「内接円の半径 ?
外接円の半径 を使った公式」から面積を求めることもあります。問題122。そしてその面積は次の通りa/2を一辺とした正方形の面積となります。 SB=
/BCを近づけると下図のような図形になります。 そしてその面積は次
これもBと同様ですかね。内接する三角形の条件は任意のようですから。 正
三角形で考えるのがわかりやすいですね。すると。直角三角形の時。斜辺の中
点円の中心と直角の頂点との長さもとの円の半径を直径とする円になり
ます。

次の図のような直角三角形に外接する円の面積が25/4π㎡のとき。次の図のような直角三角形に外接する円の面積が/π㎡のとき。この直角三角形
に内接する円の面積はどれか。 /π㎡ /π㎡ /π㎡。次の図のような直角三角形に外接 する円の面積が/ の
とき。 こ の直角三角形に内接する円の面積はどれか。三平方の定理の証明?外接円と直角二等辺三角形を利用した証明。上のような直角三角形で。次の等式が成り立つ。 +次の図のような直角三角形に外接する円の面積がの画像をすべて見る。

面積が25/4πということなので、外接円の半径は5/2です。円の面積の公式πr^2よりまた、問題に書いてある三角形が直角三角形であることからABは外接円の直径のため、長さは5/2×2=5三平方の定理よりBCの長さは√5^2-3^2=4です。ここで内接円の半径をrとすると、三角形ABCの面積は1/25r+4r+3r=6rと表せ、これはBC×AC÷2=4×3÷2=6と同じになります。つまり6r=6より内接円の半径r=1よって、内接円の面積は1^2×πよりπしたがって4が正解