?書評による試み? 戦闘機がさほど重要視されていなかった

?書評による試み? 戦闘機がさほど重要視されていなかった。金剛型に関しては、最早老朽化著しく、砲力装甲共に最も弱体のため惜しまれていないがために結果として活躍したのだ′?ω?`大和型に関しては、大和型の計画は航空機の有効性が証明される前。5ヶ月で425.7勉強時間達成できた戦闘機がさほど重要視されていなかった頃の第一次世界大戦前後の頃は戦艦は戦争に勝つため最も重要な戦力でしたが戦闘機が重要視され始めた第二次世界大戦前後の頃はもはや戦艦は時代遅れで航空母艦こそが戦争に勝つための最も重要な戦力とされてた時代に何故旧日本軍は戦艦特に大和や武蔵などの巨大戦艦を造ったのですかによる自動見える化のやり方とその効用。戦艦について質問します 戦闘機がさほど重要視されていなかった頃の第一次世界大戦前後の頃は戦艦は戦争に勝つため最も重要な戦力でしたが、戦闘機が重要視され始めた第二次世界大戦前後の頃はもはや戦艦は時代遅れで航空母艦こそが戦争に勝つための最も重要な戦力とされてた時代に何故旧日本軍は戦艦特に大和や武蔵などの巨大戦艦を造ったのですか
事実、戦艦大和にしろ戦艦武蔵にしろなんの戦果も挙げることなく敵の戦闘機の波状攻撃(爆雷&魚雷)により撃沈されましたよね 当時何の戦果も挙げない大和や武蔵などに対して皮肉めいて「大和ホテル」「武蔵屋旅館」なんて呼ばれてたらしいですね
個人的には大和や武蔵を造船する過程で空母に変換すればよかったのにとすら思います 何故そうしなかったのですかね??? 実際戦果をあげていたのは金剛級戦艦(中型戦艦)「金剛?榛名?比叡?霧島」の4艦でしやよね
この問題に関して詳しくお知りの方ご回答をお待ちしております ジャパンナレッジで閲覧できる『第一次世界大戦』。第一次世界大戦以下。大戦と略記するは。年から年まで。計か
国が参加してヨーロッパを主戦場として戦われた戦争である。以下の説明の
なかで大戦前史を詳しく取り上げるのは。このような理由による。戦争が世界
戦争に拡大するのは。アメリカがドイツに宣戦を布告した時点
においてである。けれども,タンネンベルクの戦闘のため,西部戦線の重要な
右翼に配置されていた師団の一部を東部戦線に移すというように,シュリー
フェン計画

7万円のベストセラー本?4日78分戦闘機がさほど重要視されていなかった頃の第一次世界大戦前後の頃は戦艦は戦争に勝つため最も重要な戦力でしたが戦闘機が重要視され始めた第二次世界大戦前後の頃はもはや戦艦は時代遅れで航空母艦こそが戦争に勝つための最も重要な戦力とされてた時代に何故旧日本軍は戦艦特に大和や武蔵などの巨大戦艦を造ったのですか法?が凄すぎる!。第7回。第一次世界大戦が始まる頃には多くの国で航空機が生産され。使われるように
なってきていたが。軍用機に特化したものは存在せず。汎用機が連絡。偵察。
戦闘機はスピードや上昇力。運動性が重視され。爆撃機は航続距離や爆弾搭載
量が問われるようになる。爆撃機では長躯飛行して目的地に着くための航法
装置。正確に目標爆撃を行うための照準装置が効果を左右する。航空機が戦略
兵器に発展する過程の先駆者としてこの二人は重要な意味を持つ。第一次世界大戦:条約と戦争賠償金。第一次世界大戦の惨禍の後。戦勝国側の西欧列強は一連の厳しい条約を敗戦諸国
に課しました。条約の重要な原則は。オーストリアが新たに形成した独立性を
譲歩しないようにすることでした。残りは今後の戦争勃発を防止するための
原則で。最後に国際連盟諸国に向けて国際紛争の緩和を呼びかけていました。
にドイツに提示されたベルサイユ条約は。ドイツ領土をベルギー
オイペン – マルメディ。チェコスロバキアフルチーン地区。ポーランド

?書評による試み?。日清?日露?第1次世界大戦から第2次世界大戦まで, 独自の分析で独創的な戦争
史を書 き続けてキーワード。支那事変 日中戦争, 第2次世界大戦, 真珠湾奇襲
攻撃, 山本五十六, ワシントン海軍 軍縮条約ていた ことは事実であり, 当時の
政府?軍部の意識の底では, 対米英戦争への重視の ?度合? が,されている重要諸
著作を敢えて取り上げ, 日本近現代史とりわけ先の大戦の歴史的教訓を,る時期
に, 日本陸軍はシナ大陸ではかつてないほどの大作戦を展開し, このため蒋介石の

金剛型に関しては、最早老朽化著しく、砲力装甲共に最も弱体のため惜しまれていないがために結果として活躍したのだ′?ω?`大和型に関しては、大和型の計画は航空機の有効性が証明される前。そして大型艦の建造には年数が掛かるもので、大和型の完成?就役は戦争の直前~直後。もはやこの段になると、大和、武蔵を空母に改造するのは空母を新造するより金も時間も掛かるので実質不可能。そして、三番艦の信濃も今次大戦に間に合わないものとしてドックから引き出せる段階まで造って以後放置の予定が、空母の損耗により急遽改造が決定?しかし戦艦として工事が進みすぎている上、工期短縮のため格納庫を一層とした為空母としては巨体の割に搭載数が少ない不完全なもので、間に合わせに過ぎぬ。もう一つ誤解があるようだが、戦艦を撃沈するのは非常に困難だということを理解すべきである。確かに戦艦の対空砲は命中率が低く、弾幕をはって航空機の進路や攻撃を妨害する防御的な兵器に過ぎないので、大した数を落とせないし、空母は航空機を無理矢理発艦させる為に高速なので戦艦は追い付けすらしないが、レイテ沖の戦艦武蔵に攻撃が集中した結果、艦隊行動の阻止に失敗したように、空襲では意図を持って行動する艦隊を止めることは不可能である、と言う戦訓がある。戦闘航海中の戦艦の撃沈事例は僅かに五つしかなく、分厚い水平装甲を持ち、移動目標の戦艦を空襲で撃沈するには時間が掛かる。そして、幸運に恵まれない限り直接空母を叩くことは出来ないにせよ、泊地突入など作戦目標が別にある場合、空襲のみでの突入阻止は事実上不可能だ。また、経済的に見ても、航空戦力で戦艦を撃沈するのは困難な事だ。戦艦を撃沈するには正規空母一隻分程度の急降下爆撃機や雷撃機が必要だが、通常編成なら護衛の戦闘機を積むので、空母二隻分は航空機をぶつけないと撃沈不可能。そして空母は戦艦の八割程度の値段がし、特殊な訓練を要する操縦士の養成費用や艦載機の値段を足すと戦艦の整備費用と同じ程度掛かるので、結局戦艦を撃沈したければ戦艦一隻分以上の金をかけて戦力を整備せねばならん。最後に大和含む第二艦隊を集中攻撃したとき、正規空母に換算して四隻分の戦力が集中している。大和型も無敵ではないので、同じ程度の金が掛かる戦艦四隻に囲まれても結局沈んだだろう。まあ、この場合得意としている対艦戦闘なので何隻かは道連れにしたろうが。他の回答者様と似通った回答になってしまいすが、大和型が起工した頃はまだまだ大艦巨砲主義の時代です。大きな戦艦を持つ国が最強というのが常識なのです。当時まだ航空機は空飛ぶハエ程度にしか思われていません。航空機の有用性が証明されたのは、大和型の完成が迫った大東亜戦争劈頭のに生起したマレー沖海戦です。これまで不可能とされた作戦行動中の戦艦を航空機が2隻も沈めてしまったのです。今までにも航空機が戦艦を大破?撃沈させたケースはありましたが、全て停泊中でした。今回、その常識がひっくり返されました。国の象徴たる戦艦が航空機に仕留められた……この事実は世界に衝撃を与え、大艦巨砲主義を終焉に導きました。ここでようやく空母と航空機の時代が到来する訳です。他の人も書いていますが、第二次大戦の頃は航空機の進歩が著しく進んだ時期ですから、日本が真珠湾攻撃を成功させるまではあくまで空母は脇役と考えられていたわけです。もちろん、今後は航空機の時代が来ると考えていた人は、どの国にもいたでしょうが、実績がなければなかなか軍全体国全体の方針は変わらないですからね。そして、大型艦艇を作るには何年もかかります。大和も武蔵も就役は開戦直後ですから、真珠湾攻撃の成功で空母の重要性がより認識された頃にはすでに完成しちゃってます。ちなみに、大和型三番艦は、貴方の言う通り途中で空母に設計変更されて、空母信濃として終戦直前に進水しています。結局一度も戦うこと無く沈められちゃいますけどね。あと、日本軍の最後の方は、空母があっても乗せる飛行機がなく、残った空母はほとんど輸送艦扱いでした。もし、大和と武蔵が最初から空母として作られていたとしても、最終的には飛行機不足で意味が無くなっていた可能性が高いでしょう。そこはもう、アメリカとの工業力の差ですから、どうしようもありません。ちなみに、大和?武蔵がまともな戦果を挙げられなかったのは、大事にしまいこんで前線に出さなかったからですよ。レイテ沖海戦や沖縄特攻では、本来なら空母艦載機や対空駆逐艦の護衛付きで運用されるべき戦艦を、ほぼ丸裸で送り出しているのですから、ただのサンドバッグになって当たり前です。もっと早い時期に大和?武蔵を前線投入していたとしても、戦局を変えるほどのことはなかったでしょうが、ある程度の戦果を上げることはできたかもしれませんよ。航空母艦による航空攻撃の有用性が完全に証明されたのは、真珠湾攻撃での事で、大和は既に完成状態、武蔵も進水済、さらに正規空母の保有数はその時点では日本が一番。さすがに3番艦の信濃は途中で空母に改装。更に日本海軍もお粗末だった為、空母が海戦の主力となった後の戦艦の新たな運用戦術を構築出来なかった、実際大和はトラック泊地に長い間待機していて、大和ホテルと揶揄される始末。まぁ大和や武蔵が空母に仮になっていてもさしたる戦況の変化は無かっただろうが、搭乗員の訓練施設不足や訓練生の数の低さ、ゼロ戦や97艦攻や99艦爆の低生存率による熟練搭乗員の損耗率の高さ、米軍のVT信管に代表される対空武装の強化等、又日本の空母もミッドウェー海戦で4隻喪失したが、魚雷では無く爆弾の攻撃によるもの、爆弾で簡単に沈む事が問題だが、ダメージコントロールがお粗末で船体の構造がクローズドハンガー方式の為、誘爆を拡大してしまう等、問題がありすぎて、問題点をあげたらキリがないんですよ。満を期して誕生した重装甲の大鳳もたった1発の魚雷でジ?エンド>人<;まぁそれが帝国陸海軍の実態。逆に言えば3年8カ月もよく戦った!重複投稿があるようですが答えておきます。そもそも第二次世界大戦時において、空母は前衛艦隊として敵戦力にダメージを与えその後追いついてきた味方主力艦隊が止めをさすためのアシストをするという認識でした。武蔵にしろ大和にしろ、なんならPoWにしろ、いくらこっちが雷撃機だからってそりゃ沈むまで襲撃し続ければそうなるわなって程度のものなんですよ。マレー沖海戦の時点では流石に漸減邀撃作戦のために整備した陸上攻撃機でも戦闘行動中の最新戦艦までは撃沈できないと考えられていましたし、レイテ沖海戦だってあれだけ一方的に空襲を受けておいて結局主力艦のうち武蔵1隻を失っただけでしたからね。サマール沖海戦で損害は拡大し、連戦による疲弊から撤退を余儀なくされたわけですが。伊勢と日向に至っては、色々あった末対空ハリネズミみたいになったとはいえ、旧式戦艦のくせして燃料切れで動かせなくなった呉空襲までしぶとく生き残っているわけで、当時の航空機なんてせいぜいその程度なんですよ。坊ノ岬沖海戦だって1空母10隻がタコ殴りにしてやっとの戦果なんですよ。まず、空母造っても全くどうにもならなかった事を知りましょう信濃に載せる航空機と操縦士すら既に確保出来てないんですよもっと言うなら大和型と同時期に建造されていた翔鶴型の艦載機の確保ですら四苦八苦していました事実、航空戦艦に改装された伊勢、日向に艦載機積みました?結果論で語っても、空母建造しても意味は無かったのです更に大艦巨砲時代に対潜水艦能力がある戦艦があれば、駆逐艦も巡洋艦も必要無いと思いますか?現在のイージス艦だって「なんであんな艦を主力としていたんですかね?」なんて言われる日が来る訳ですが、誰も今は次世代の正解見えてないですよね?米イージス艦の衝突事故もあり、装甲の脆弱さを露呈しました。未来の人から「何故あの時点で気付かなかったんでしょうか?」と、質問されても困るでしょう?そういう事です伝統的な考えでは、海軍軍縮条約明けの時点では「航空戦力は取るに足らない」でした。造船中将、海軍技術研究所長、東大総長を歴任した建艦の大御所に平賀譲氏がいます。彼は大和型戦艦計画時に「戦艦1隻は、航空機3000機に相当する」旨、論文を発表しています。戦艦同士の戦いでは、発射諸元を求めるアナログ計算機に入力する諸元、つまり距離、速力、方位、気温??などに避けがたい誤差があり、修正射を繰返しながら、命中弾を得ていくのです。しかし航空機の場合、1発爆弾を落としたら終わりで、”修正射”ができない。だから命中公算が非常に低い。これを考慮すると、戦艦1隻は航空機3000機の戦力に相当し、載せる空母なら30隻必要と述べています。今から考えると噴飯ものですが、当時の大御所がそう考えて、大真面目に数字を挙げて論証しています。当時の航空機は複葉で性能が悪かったのですが、それにしてもお粗末でした。ちなみに彼は平賀”譲らず”といわれ、昭和18年東大総長在籍のまま亡くなるまで、隠然たる影響力を持っていました。>第二次世界大戦前後の頃はもはや戦艦は時代遅れで航空母艦こそが戦争に勝つための最も重要な戦力とされてた時代に何故旧日本軍は戦艦特に大和や武蔵などの巨大戦艦を造ったのですか?情報が間違えています。大和型一番艦の大和は起工作り始めが。進水船体ができあがって海に浮かべるが1940年8月。就役が。同二番艦の武蔵は起工が。進水が。就役が。つまり、航空兵力がその力を認められた真珠湾攻撃、マレー沖開戦同年12月10日の際には「すでにほぼ完成していた」のです。そして、武蔵以降に予定されていた戦艦はすでに空母への改装を始めていますので、大和型三番艦信濃:起工。進水。竣工同年11月19日。あなたの言っている事は「完全に的外れ」です。とっくに大和型は「途中で空母への改装を決定して実行している」ので。大和型戦艦が半年かそこらでできるんじゃないかと思っているなら、考えが甘い。日本海軍がちゃんと航空戦力を戦艦以上の兵器として認めたのは真珠湾攻撃からマレー沖海戦の頃だと思います。マレー沖海戦が勃発したのが1941年の12月、そして大和、武蔵が就航したのは1940年です。他の方もおっしゃる通り、それ以降に就役予定だった三番艦 信濃は空母にに改修中沈められました。20年前の第一次大戦では イギリスの大艦隊がドイツの艦隊を戦艦の数で押さえ込み、ドイツ海軍が封じ込められて活動出来ないでいました。それはイギリス戦艦勢力の威力にドイツが敵わなかったと言う事なので、その時代の戦訓が大和?武蔵を造らせました。大和?武蔵の建造を決めた当時の飛行機は ヨタヨタしか飛べない複葉機の時代なので、飛行機が長駆を飛び、戦艦を沈められるほどの実力は感じられない時代だったんです。昭和12年から全金属単葉の時代になり、飛躍的に性能が向上し、航行中の戦艦も沈めるほどの実力が上がるようになりました。第二次大戦前、米英仏伊独ソ連と主要国は全て新型戦艦を主力として建造しており、別に日本だけが新戦艦を建造したワケではありませんよ。アメリカなど新戦艦アラスカ級を含むを12隻竣工させ、3隻が起工後に建造中止になっています。つまり世界中の主要海軍が航空機の急速な発展により戦艦が無力化する事を予想出来ずまたは予想してもそれに全てをかける事が出来ず、新戦艦を建造していたわけで別に日本海軍だけの事ではありません。大和級の三番艦は「信濃」と言います。空母です。しかしながら就航前に和歌山沖で沈んでしまいました。開戦前に大和を旗艦に開戦すると決まっていたので、変えることができなかったのです。航空機の有効性が知られたのは、開戦後の真珠湾攻撃以降です。その結果、アメリカは小型空母を量産しました。日本も開戦後は空母を造りましたが、国力差がありすぎて追い付きませんでしたね。日本海軍は大和、武蔵を有効に使える軍略家がいなかったのが痛かったですね。日本海軍の守り神的な位置に置いてしまったので、うかつに沈めることが出来なくなってしまったので、前線に出せなかったのです。日露戦争における戦果と次世代を読めなかった軍部政府の失策でしかない。それ以上でもそれ以下でもない。A実際の所、太平洋戦争では「突入してきた日本軍の戦艦部隊を米軍の戦艦部隊が迎撃する」という海戦が2度発生している第3次ソロモン海戦、スリガオ沖海戦。他方、太平洋戦争を通じて航空機の攻撃だけで撃沈された作戦行動中の戦艦は大和武蔵プリンスオブウェールズレパルスの4隻しかない。日本の航空隊が作戦行動中の米軍の戦艦を撃沈できたことは一度もないのだ。米軍戦艦が日本艦隊に向けて突入してこなかったのは、日本軍に大和型戦艦2隻が存在したからではないのか?日本が新型戦艦を保有しなければ、空母の援護の元進撃してきた米戦艦が日本艦隊相手に無双する事態を招き、後になって君みたいな人がこういう掲示板で「日本軍の空母は、米戦艦相手にはほとんど戦果は無かったと思いますが、その研究、造船、乗組員などの資源を戦艦や艦載砲に使っていたら、状況はどれくらい好転してたでしょうか?」みたいな質問をするのではないか?当時はまだ日本の仮想敵の米国と英国も戦艦を建造している。ちなみに各国が最後に完成させた戦艦は日本 武蔵 起工 就役アメリカ ウィスコンシン 起工 就役イギリス ヴァンガード 起工 就役で、日本は上記3国の中では最も早く戦艦の建造を中止している。海軍の古い大鑑巨砲主義が原因ではないですか?>個人的には大和や武蔵を造船する過程で空母に変換すればよかったのにとすら思います。そんなタラレバ事は今だから言える事。そもそも大和型3番艦は空母に転換したし武蔵以降日本では戦艦は建造されていませんよ。その頃アメリカなんかはまだ戦艦作ってますしね。どちらかといえば他国より先んじて空母部隊を編成し始めた国でもあります。>戦闘機が重要視され始めた第二次世界大戦前後の頃はもはや戦艦は時代遅れで航空母艦こそが戦争に勝つための最も重要な戦力とされてた時代に何故旧日本軍は戦艦特に大和や武蔵などの巨大戦艦を造ったのですか?事実誤認がありますね。その頃既に大和?武蔵は竣工、就役しています。因みにワシントン海軍軍縮条約海軍休日期間には41㎝砲搭載の戦艦は世界に7隻しかありませんでした。開戦前ルーズベルト大統領が海軍関係者に「日本をどれくらいで占領できるか?」と質問したとところ「ダメです。日本には長門があります。」と答えたとかいう都市伝説的な話があるくらい核の無い時代では戦艦は最強の抑止力を持つ兵器だったんです。そして条約明けを見越して世界の情勢が緊迫すると数より質を取らざるを得ない日本は46㎝砲搭載艦の建造を決定します。それが大和型戦艦です。ただ、太平洋がだだっ広過ぎて想定してた大和型を必要とする艦隊決戦が起こらなかった事、航空機の性能が飛躍的に向上し航空優勢が戦場の勝敗を左右した事、艦隊旗艦であり2隻しかない虎の子であったために温存せざるを得なかった事が大和型戦艦の活躍の場を奪いました。金剛型が活躍したのは良い具合に陳腐化していて巡洋戦艦として使い勝手が良かったからなんですよ。もし、日本が航空優勢を保てていたのなら大和型戦艦ももう少し活躍できたかもしれませんが、そんなもの丸ごとアメリカの物量の前に崩れ去ったわけです。空母?航空機に限らずありとあらゆる物の新規開発?増産でも負けてますしね。戦艦云々とか言う以前の問題です。航空機の時代に変わったことを世界が認識したのは太平洋戦争開戦より後の話。太平洋戦争開戦時点で大和は完成直後、武蔵は完成直前。つまりどちらも空母として参戦することは不可能。大和型戦艦3番艦の信濃は開戦時点でまだ空母への転用が可能な段階だったため空母へと改造されているし、4番艦はキャンセル。そして開戦後に作り始めた戦艦は皆無である。アメリカは終戦間際まで戦艦を作り続けていたし、イギリスやフランスは終戦後に就役した戦艦までいる。それに比べたら開戦直後に戦艦の新規建造を一切やめた日本軍は列強海軍の中では戦艦から空母への切り替えが1番早かった。それでも日本が負けた理由は、戦艦を一切諦めて空母に全力を傾けたところでアメリカの生産力が相手では焼け石に水だったから。アメリカは日本より大量の空母を作りながらも同時進行で戦艦も作れるほどの圧倒的生産力を持っていた。日独の全海軍戦力総計よりもアメリカ海軍の方が強大であり、さらにイギリスまでいる連合軍相手に枢軸軍に勝ち目など最初からなかったのだ。日本国での場所、アジア地区では 欧州でのヨーロッパ戦線とは大相違 航空機と艦船での戦闘実例 実教訓での戦史 史実での事実はなし!欧州での事は、別でのよその事!という意識と認識が根強く???出世街道!花道で花型での、砲術大砲屋専攻での者が昇任等には有利での、長年での日本海軍の悪しき?伝統だったのでね。多数決でね。航空派は、少数勢力!布哇ハワイ作戦での成功の後、その数日以内でのマレー沖海戦でもね。航空機側の圧勝!でも、そう簡単には 数日?等での短期間で 大艦巨砲主義が変わる???訳がない!地動説と天道説みたいな感じでね。しかも!大和 武蔵は 不沈戦艦!魚雷数発命中でも沈まない!設計での艦船 対空砲も増加したので航空機 艦載機 対した事はない!での風潮の継続履行化???高額での建造費、維持費での予算 大和型戦艦完成後に、航空母艦に改装?改装費での追加予算と改装期間中は、艦船の運用が無理!ま~技術進歩発展向上での、比率!スピードの早さ!戦艦でも同じでね。扶桑 山城を建造配備運用 伊勢 日向も建造配備運用金剛型も老朽化、陳腐化 旧式化 長門型を開発配備運用その後に、近代化大改修をしたのでね。他国では、ドレッド?ノート型での ド級戦艦その後での、超ド級戦艦へと発展、向上での軍拡競争主砲も、36㎝ → 40㎝ → 46cm大和型での2隻だけ戦闘航海時での、最大可能速力も 増加 長門型での26ノットではギリギリ?山城 扶桑 伊勢 日向は 足が遅い!役に立たない?とされて???でも!早期に 用途廃止でもね。国民での税金を投入して建造配備運用での軍艦!まだ~用途廃止での廃艦までの、残り可能な運用年数期間が残っている!にも???関わらず!用途廃止 廃艦!費用対効果 会計監査で 指摘でマズイ!ヤバイ???しかも!海軍兵力での主役、基本が戦艦!大艦巨砲での戦艦!強い 勇ましい!カッコ良い!他国には負けない?ような気がする!士気高揚?とかね。ご存じかも?知れませんが???その際には、おさらい!でね。検索での第3者の中には、素人の方も多々での事実なのでね。航空母艦での空母 赤城 加賀 元々は???金剛型に似た形状での、速力30ノットでの 巡洋戦艦として設計建造でも、その最中に、ロンドン軍縮会議で戦艦での保有数を決められ、自国の経費 国家予算での税金を使い建造中での赤城 加賀 建造中止 としてもね。費やした費用と経費、労力での時間等 無駄と損!損失補てん も~なし!でも!条約を守り履行での規則、国際信用度もあるでも!赤城 加賀 2隻の建造中止、用途廃止 廃艦解体?費用他効果 とほほ???で!あれこれ思考で考え抜いた!知恵を巡らせ~頭を使え!悩み抜け抜け~ 男!なら~泣くも笑うも~決断1つ~!アニメンタリー決断の主題歌歌詞の一部から引用戦艦の保有数の制限 なら???では、戦艦 以外ならOK!航空母艦に改装しよう!として、実履行化 行動力のアクション!で~建造中に、関東大震災での影響で、船体には 損傷等での被害だった まだ~船体だけ 出来ていた途中での 戦艦土佐 廃艦として その後???船体だけ 艦橋とか主砲なし等でもね。標的艦とされたのでね。ちなみに、USAでは サラトガ レキシントン 2隻を日本の加賀 赤城ど同様で 戦艦から航空母艦へと改装をしたのでね。>個人的には大和や武蔵を造船する過程で空母に変換すればよかったのにとすら思います。何故そうしなかったのですかね???。 大和、武蔵の建造中のころは、世界の海軍では戦艦が主力というのが常識でした。アメリカやイギリスも、同じ頃、巨大戦艦を日本以上の規模で建造していました。第一次世界大戦前後の頃は戦艦は戦争に勝つため最も重要な戦力でしたがいや?第一次大戦で活躍した戦艦なんか知ってるか?あったけど活躍しなかったから世界中で戦艦不要論が出てたんだぞそれと戦闘機じゃないだろ爆撃機と雷撃機だ戦闘機は軍用機の主役じゃないぞ戦闘機は警護役戦艦の建造、てのは公共工事だからな特定企業が大儲けすんだよ三井財閥とかなっ飛行機作ります、てのより世界に通用する戦艦作りますて言うほうが予算通りやすい兵器てのは作るには国会の予算委員会を通過しないと金が出ないんだぞあれは全部税金だからな?1920年代にアメリカ海軍が命中率のいい急降下爆撃を編み出して演習で成果を上げた事から陸軍航空隊のミッチェル将軍が戦艦不要論をぶち上げましたが、これは軍内部で批判を浴びて軍法会議にかけられ、最終的にミッチェル将軍は予備役編入させられました。B‐25爆撃機の愛称「ミッチェル」はこの人が由来航空機が実戦で大型艦を撃沈出来る事を証明するのはWWⅡの冒頭、イギリス海軍によるタラント攻撃が成功してからで、大和級の建造がすでに始まっています。航空戦力が、優位だと証明されたのは、1941年の真珠湾攻撃とマレー沖海戦です。戦艦は建造に何年も掛かりますが、翌年に大和も武蔵も竣工してます。つまり、計画は、開戦前なので間に合わなかっのです。流石に3番艦の信濃は、空母として建造されましたが、竣工は、三年後、既に米軍に制海権を奪われ潜水艦に、10日後に沈められました。この手の質問月に1回くらい出てくるんだよね大和型戦艦が建造されているのは太平洋戦争直前。それ以前にもWW1から航空機が戦艦を攻撃した例はあったけど、大半は返り討ちに逢ってたから。わずかに戦果を挙げた例も、停泊中の無防備を狙ったとかいう例だけで、1940年頃までは航空機の性能が低かったのもあって、嫌がらせや多少の損傷は与えられるだろうけど、完全に航空機だけで戦艦を倒せる見込みは薄いと判断されてたそれでも日本は他国に比べりゃずいぶん早く空母?航空戦力へ転換してて、太平洋戦争開戦時点で戦艦より空母のほうが多い国は日本しかなかったし、米英仏伊よりも先に戦艦の建造はやめていた独ソは陸戦が大変で戦艦作る余裕がなくなっていたのと、もともと海軍が貧弱日本海軍が1930年代以降に建造した1万t以上の軍艦はすべて航空機が搭載可能になっているしかし、それでもし開戦後に実際は航空機が力不足だったらどうするか。戦艦には多くの実績があり航空機は未知数。そういう場合のカウンターのために、大和型は全4隻計画されたうち先に建造開始していた2隻のみを建造継続し、1隻は建造中止、1隻は空母に改造した。また、ほとんど同時期に、大和と同レベルの技術を応用した翔鶴型空母を2隻建造して、戦艦の時代が続いていても、空母が活躍する時代になっていても対応できるように備えていたなお、大和型は先代の長門から20年以上後になって建造された戦艦であり、欧米の艦艇の構造も十分取り入れられていたので居住性は良いが、それは日本の軍艦がそれまで他国と比べて圧倒的に居住性が悪かったからであって、ぜいたくのために作られているわけではない。日新日露戦争の頃はまだ海戦は国の近くで起きていたので、船員は乗船して1週間も我慢すれば帰港できたが、太平洋戦争のころになると何日もかけて進出し、前線の補給物資があるだけの島などから戦場にでることも珍しくなくなった。そのため長期間の乗船に対応した設備が設けられたというだけの話