焦点:政府?東電が封印する株主?貸し手責任 その責任負担

焦点:政府?東電が封印する株主?貸し手責任 その責任負担。支持する筈は無いでしょう。【完全保存版】喪女もその責任負担を電気料金上乗せという形で全国民に押し付け自分達は一切責任を取らず多くの国民が原発廃止を望んでいるにもかかわらず全く無視して原発推進をやめない安倍自公政権を皆さんは支持しますかになれる!その責任負担を電気料金上乗せという形で全国民に押し付け自分達は一切責任を取らず多くの国民が原発廃止を望んでいるにもかかわらず全く無視して原発推進をやめない安倍自公政権を皆さんは支持しますかの種明かしまとめ。原発を安全で安価でクリーンな発電だと国民を騙し、地元には原発交付金(国民の血税)で納得させ、原発を設置してきました 2006年第一次安倍政権時の国会で電源喪失の危険性を指摘されながら、安倍総理は「日本の原発は大丈夫」と一切の対策を拒否し、福島第一原発過酷事故を起こし、国民を被曝させ続けています その責任、負担を電気料金上乗せという形で全国民に押し付け、自分達は一切責任を取らず、多くの国民が原発廃止を望んでいるにもかかわらず、全く無視して原発推進をやめない安倍自公政権を皆さんは支持しますか
https://headlines yahoo co jp/hl a=20190812 00000001 asahi soci
原発安全対策費、5兆円超に 政府の「最安」評価揺らぐ

8/12(月) 5:00配信

朝日新聞デジタル
原発安全対策費、5兆円超に 政府の「最安」評価揺らぐ

原発の安全対策費の推移

東京電力福島第一原発事故後の原発の安全対策費が、電力11社の合計で5兆円を超えることが朝日新聞の調べでわかった 建設が遅れているテロ対策施設の費用は、当初の想定の2~5倍に膨らんでいる まだ織り込めていない原発も多く、安全対策費が今後さらに増えるのは確実だ 電源別で原発の発電コストを「最安」とした政府の評価の前提が揺らぎつつある

朝日新聞は2013年から、新規制基準で義務づけられた地震や津波、火災、過酷事故などの対策にかかる費用の最新の見積額を電力各社に尋ね、集計してきた 建設中を含めて原発をもつ11社の今年7月時点の総額は、少なくとも5兆744億円となり、1年前より約6600億円増えた

東電は、柏崎刈羽6、7号機(新潟県)の液状化対策やテロ対策施設の建設費などが増大し、9690億円に倍増した 関西電力も大飯3、4号機(福井県)のテロ対策施設の建設費として1308億円を追加した 3原発7基の再稼働をめざす関電の安全対策費の総額は1兆円を超えた 東北電力は、昨年まで二つの原発の総額を3千数百億円としていたが、今回は女川(宮城県)だけで3400億円とし、東通(青森県)の費用は評価できないとして額を示さなくなった
(転載ここまで)福島第一原発事故の賠償負担金と廃炉円滑化負担金の託送料金への。本来。東京電力および原子力事業者が責任をとり負担すべき費用を消費者が負担
するというしくみで。大きな問題があります。 具体的にこのつです。 ○賠償
負担金。 事故前に確保されておくべきであっ

新入社員に叩き込んでいる95の具体的な仕事術を紹介するよ【レビュー】。焦点:政府?東電が封印する株主?貸し手責任。12月27日。東京電力と原子力損害賠償支援機構が策定した新しい再建計画は
。株主?貸し手責任に踏み込まない内容で政府に提出された。ただ。廃炉や除
染に投入される国費の上限が不透明なまま。膨張を続ける構造をはらんでいる。
その結果。負担増に対する国民の拒否感が高まり。原発事故で補償金を受け取る
福島県民など原発事故被害者や原発再稼働にハードルを国民対被災者>という
形になってしまう」と述べ。不幸な対立構造の出現を懸念する。その責任負担を電気料金上乗せという形で全国民に押し付け自分達は一切責任を取らず多くの国民が原発廃止を望んでいるにもかかわらず全く無視して原発推進をやめない安倍自公政権を皆さんは支持しますかの画像をすべて見る。

「原発救済策」6つの大罪?反民主主義?無責任?反原則?自己矛盾。当研究所は。国経済産業省が。今。どろ縄的かつ乱暴に進めている「原発
救済策」に反対します。具体的には。東京電力福島第一原発事故を筆頭に国民
にもたらした影響の甚大さに加えて。あまりにも拙速?泥縄的?乱暴負担の
責任順位は。資本主義や市場の原則に照らして。明らかに以下の順位になるはず
ですが。責任順位の重い最初なお。年の電気料金制度の改悪によって。
すでに東京電力福島第一原発事故処理費用は「廃炉」という名のもとで。

支持する筈は無いでしょう。 巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書 提出者 吉井英勝 衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書この質問主意書に対する安倍晋三の巫山戯切った答弁書はに閣議決定して提出されており、その後の国会答弁に置いても吉井英勝衆議院議員当時の質問に対して、全電源崩壊は起こりえないと断言しており、福島第一原子力発電所事故の主犯は安倍晋三と当時の経済産業大臣の甘利明なのであります。安倍晋三と甘利明には明確な『未必の故意』が有り、被曝死者も多数出ている事から殺人罪に問うべきであり、その最高刑に処するべきと思うのであります。斯様な『未必の故意』が有り、吉井英勝衆議院議員に全電源崩壊の危険性を指摘されながら、安倍晋三は一切の対応を拒否して、福島第一原子力発電所事故を故意に発生させて、国民を被曝させ続けているのであります。自らは何等の責任を負う事もせずに、負担を電気料金への上乗せや消費増税という形で全国民へ押し付けており、大半の国民が原発即時廃止を望んでいるにも拘らず、全く無視して原発推進を止めない安倍自公連立政権を支持できる筈は無いのであります。安全対策費に今の所5兆円超と成っておりますが、2013年1月現在では1兆円弱であった事から、今でさえ当初の5倍強に成っているのであり、何年か先には10兆円を超える事すら考えざるを得ないのであります。補足に付いては、自主憲法は三大原理を全否定し、稲田朋美の国民の生活が大事なのが本義で有るにも拘らずこれを全否定しており、自由民主党はソ連共産党と同じく非合法化すべきであると痛感するモノであります。ネトウヨが自民党工作員である事は前々から言われていた事であり、アルバイトを大量動員してネットの対策を採っていると言う事が、あのNHKの報道で明らかに成っており、自民党に批判的な書込みをすると、反論?攻撃を行なったり、削除要請をされている事は身をもって感じている次第であります。後は、自民党のネトウヨ代理機関の問題も、大々的に取り上げられるべきであり、ガイアックスが自民党に納入したソーシャルメディア投稿監視サービスもあり、自民党が有権者の声をネット上から拾うソーシャルリスニングと、誹謗中傷?デマ対策に取り組む24時間稼働のTruth Teamの一員としてネット選挙を支援しており、犯罪性さえ感じる代物であります。何れに致しましても、原発を安全で安価でクリーンな発電だと国民小泉純一郎元総理もを騙して、地元には国民の血税から電源三法交付金で納得させ、54基もの原発を設置して来たのであり、これ等は全て誤魔化しだけで成り立っていたのであり、2006年12月当時の内閣総理大臣の安倍晋三一味には厳罰を与える必要を感じるのであります。太陽光発電を安全でクリーンな電気と偽って国民の血税から補助金垂れ流して山の中にいっぱい太陽光発電所作った挙句土砂崩れとか引き起こすのも大概だと思うけどねぇ。反原発は太陽光やすいっていうけど、電力買う立場からしたら再エネ賦課金があるから原発より太陽光の方が高いし。