船橋市議会 NHKが政治家に働きかけて受信料の支払いを義

船橋市議会 NHKが政治家に働きかけて受信料の支払いを義。ないです。ダウンロードしておきたい615個のNHKが政治家に働きかけて受信料の支払いを義務化する可能性はあると思いますかまとめ。N国党の立花孝志のせいで受信料支払い義務になる可能性はありますか
NHKが政治家に働きかけて、受信料の支払いを義務化する可能性はあると思いますか 令和時代のNHKのあり方に関する質問主意書。一 「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志参議院議員は。メディアの取材に
対して「NHKとの『契約』は法律上の義務だからするけれども。『支払い』は
別。受信料は踏み倒します。」と公言されたと報じられている。 このNHK受信
料船橋市議会。陳情第号 受信料の全世帯支払い義務化に反対する意見書提出に関する陳情
このことについて。下記のとおり陳情します。 記○陳情事項早ければ年の
通常国会に放送法の改正案を提出し。年にも施行される可能性があるという。
現状。放送などと。あたかも当時の行為を肯定するかのように述べ。報道の
不偏不党の観点からして。また。会長としての適格性すら疑わせる発言を乱発し
ている。その上でに対して以下の点を船橋市から働きかけていただきたい
。 .

もうNHKが政治家に働きかけて受信料の支払いを義務化する可能性はあると思いますかって絶対必要なんだから、6日23円出して「NHKが政治家に働きかけて受信料の支払いを義務化する可能性はあると思いますか」で勉強し。「NHKが国民から遠くなる」。不払い者に事実上の「罰則化」 放送法では。テレビなどの放送を受信できる
機器を持つ世帯や事業者に受信契約の締結までは義務づけてNHKと受信契約結んだ人は受信料支払う義務。政府は日の閣議で。NHKの受信料をめぐる質問主意書に対し。NHKと受信
契約を結んだ人は。受信料を支払う義務があるとする答弁書を決定しました。
党首が「NHKと受信契約を結ぶことは法律上の義務だが。受信料の支払いは
義務ではない」などと述べて政治マガジンを求めており。こうした
指摘を踏まえてNHKにおいて適切に対応すべきものと考えている」としてい
ます。NHKテレビ放送 ネット常時同時配信可能に 改正放送法が成立

全世帯徴収。総務省の有識者会議は9日。NHKの受信料制度改革をめぐり。テレビ設置の
有無に関係なく全世帯?事業所から受信料を徴収する制度の導入を見送る方針を
確認した。今後。テレビ設置の届け出や受信料の支払い義務化。

ないです。 100%ないです。義務化するのはどんな考え方をしても無理があるからです。スクランブル化が5年後になるのか、10年後からになるのか?など、焦点はもはやそこです。 論理的にいってスクランブル化はもう避けられません。今後2,3年で大勢は決着するでしょう。NHKと契約すれば、民法上の支払い義務がありますよ。あります。「無料」になる可能性もあります。権力者という者は、勢いがついている相手には関わらず、落ち着いてきた頃から落ち目になるタイミングで一気に落としにいくのが世の常です。今、立花氏は勢いバリバリですので、政府も官僚もNHKも静かにしているはずです。そのタイミングで法改正、金額を多少は下げても義務化する可能性は大です。その時までに立花氏側はどれだけ勢力を膨らますことができるかが鍵でしょうね。NHKが政治家に働きかけて~え~えー、受信料の支払いを義務化する可能性はあるかと聞かれたら~あー、今までなかった事が義務化されそうな気がするー? あると思います!立花さんのYouTube見ましょうこんな、情報操作や嘘だらけの知恵袋見るより、立花さんのYouTube見れば嘘偽りありませんから。支払い義務化は、ありえない。受信契約が、100%できないので そのほうが問題になる。オートロックマンションでは契約者は10%以下。でも、それをやったら、国民から総スカンを食らいますね?たぶん、逆に不払いの人が大量に増えて世の中が混乱すると思いますね。N国に100万票近く投票されたのち、それをやったら、ひんしゅくですね。民意を踏みにじる行為です。支払いまでを法規制することはないと考えます。法手続きの手間はNHKの負担になりますが、訴訟による請求で十分対応できると思います。蛇足ですが、立花氏は未払いの訴訟に敗訴しても支払いを拒否するでしょうから、NHKとして歳費を執行対象物として執行回収してみて欲しいです。周囲がどのような反応を示すか興味があります。テレビを持っていれば契約は義務です。持っていなければ契約しなくてもいい。持っていてNHKを見てるのであれば、支払い義務も生じるという法律になることはあり得ると思う。しかし、テレビを持っていないならそもそも契約する必要ありませんから、支払い義務が生じることは絶対にありません。次が問題です。テレビは持っているけどNHKは一切見ないという場合。これは、今後、国会や裁判でも争点になると思います。だから、スマホで受信料を取ると言うのはおかしい、となってるわけです。スクランブルにしろ、と言ってるわけです。立花氏のせいでNHKを「見ない」「見てない」のに受信料が義務になることはありませんが、立花氏やN国が何故ここまで騒いでまで国民議論にまで発展させ、スクランブル化を目指してるのかを理解できない、理解しようとしない国民のせいで、NHKを見てないのに、テレビやスマホを持ってるだけで受信料が義務になってしまうことはあり得るかもしれませんね。仮に支払い率が落ちるような事態になれば罰則付きの支払い義務化にたちまちなります。ただ、今年の支払い率が変わらず上昇するようなら今まで通りでしょう。立花孝志の影響ゼロです。テレビ?ラジオ等、NHK放送を受信可能な装置を所持する場合、NHKとの間で視聴契約を結ぶ義務が有る事は、既に放送法に定められています。又、契約を結んだ以上、其の契約に基づいて受信料を支払う義務が有る事は、商法に定められています。N国党は、NHK放送を視聴したくない人は、放送法を無視し、受信料を踏み倒しても構わない、と主張していますが、乱暴極まりない物言いです…少なくとも、日本は法治国家なのですから。NHK受信料の件は別にして国会議員が一般市民をデモって脅すって非常に不味いですよね。くしくも、立花さん52才の誕生日である8月15日に、「NHKと契約したら支払義務」 答弁書を閣議決定 しました。いやがらせでしょうか。立花さんの政見放送では、契約を解除する方法を話していたので、支払えない人は契約解除したらいいんじゃないかなぁ。ていうか、前々から契約して支払わない人だけが裁判の対象ではあったと思うけど。義務化すると、何がどう変わるんだろう?NHK会長の言葉↓↓↓2019年の放送法改正により、NHKはネットの常時同時配信ができるようになります。当面は受信契約がある人のみが利用できる形態になるそうですが、いずれネットに接続可能なデバイスを持っている人すべてに解放される日が来るかもしれません。そうなれば、契約対象の急拡大を考えても、罰則を含めた支払い義務化の議論は避けられないかもしれません。以上現在は罰則はないはずだけど、罰則を含めた支払い義務化を議論して欲しいって。そんな議論より、こっちの議論した方がいいのに。受信料は湯水の如く金儲けに紅白歌合戦の裏側不正会計について話されています20~30憶立花さんのせいで…とは思いません。命がけで頑張ってるのがわかるから。大いにあると思います。立花は、「払っていない2割の人の分まで払わされルのは納得いかない。だから2割引を要求する」と言っています。これにこだわって大事にしたら、払っていない人たちから強制的に取れるような仕組み作りをされるかもしれません。義務化はすでにされてます。だから法律を変える事ができる国会議員になったわけです。つまり放送法を変えるということになりますが、支払いに強制力をかけるのは難しいでしょうね。いままでも3度、廃案になっています。義務化するも何も既に義務です。立花というアホの発言を真に受けているようですが、とっくに最高裁判例で『契約規定に基づき支払いの義務が生じる』と言われているんですよ。一部の頭のおかしなひとが『放送法には~』とか言っていますが、契約に基づいて債務を負い、その履行義務が生じるというのは民法の話ですから。放送法と関係ありません。今でも義務化されているでしょう支払っていない世帯は裁判により支払らわなければならないとの判決が出ているはずですが。国民の大半が反対しているからなる可能性は低いと思います強制的に義務化しても払わない人が多い税金として徴収すれば実質国有化になるからNHK職員は国家公務員になりますそうなると職員の給料が今の半分以下になります、NHKが反対しますだから、なっても支払わない人が多く意味がなくなります立花さんは国有化すればいいとも言っていましたこれは絶対になりません、給料を多くもらっている人は年収が1/3になる人も現れます国営化しての税金化か制作の国費負担化はあると思います。ただそうなると今から金額大幅ダウンと経費公金化するのでまともになります。税金化なら当然所得減免も導入されるでしょう。利用者負担化しても今より明らかにマシになります。多分変えるなら損はないはずです。受信料の支払いを義務化する可能性はあると思いますか? 答無い逆に「国営放送局」へ格上げすれば、受信料のウンヌンだ何だは一気に解決します。そして、消費税を近未来に11%に1%のアップ。高校野球の甲子園に、金髪で出場した野球部がいました。高校野球連盟に反抗して、甲子園の歴史に、革命を起こそうとしました。しかし、試合に負けてしまい、ボロクソに弾圧されてしまいました。そして、今までよりも、より厳しく、厳重に規制されてしまいました。このように、下手に国家権力に反抗すると、今まで以上に、厳重化される可能性はあります。契約した段階で契約内容守らなければならないから、事実上の義務になりますね立花さん…。NHKにフォーカスをしぼったのはいいけど利敵行為が多すぎる。どうしたものかという感じです。本当にNHKをスクランブル化し、ネットの帯域を無駄遣いするなんていうことを阻止してもらえるのだろうか?立花議員の活動に対して、NHKや総務省がかつてないほど警戒を高めているのは事実だと思います。ただ「NHKが政治家に働きかけて」というよりは、「総務省の官僚が政治家に働きかけて」というみるほうが、より妥当でしょう。もし仮に、放送契約を強制的なものにし強制なので、もはや「契約」ですらないのだが.、受信料の支払いが義務化されたとしても、実効性に疑問が残ります。なぜなら、すべての受信料不払い世帯に対し、NHKがひとつひとつ訴訟を起こすのは無理でしょうから。ですから、受信料義務化したところで、不払いの人がいなくなるわけではありませんから、払っている人の不公平感が解消されることはありません。不払いの人を無くしていくためには、受信料ではなく、税として国民から取るほかないでしょう。ただ、NHKも総務省も、NHK財源の税金化には反対しています。財源税金化に反対する表向きの理由は「国家権力に依存し、表現の自由を守るべき言論機関としての役割を果たせなくなるから」としていますが、本音は別のところにあります。NHK財源が税金化されると、歳出からNHK予算を捻出することになります。財務省が強力に推進している財政健全化により、歳出削減圧力が高まっていますから、歳出から捻出することになるとNHK予算にも相当の削減圧力がかかります。総務省の官僚たちは、それは何としても避けたいでしょうから、必死になって受信料制度を守ろうとするのです。現在のNHK予算額は受信料に基づいて決められているため、歳出削減圧力から独立しているご質問の回答として相応しくないかもしれませんが、私の意見を述べさせていただきますと、「NHKは、税金により運営するのが妥当である」と思います。無いですよく調べてから言いましょう動画見なさい民放営の公共電波で放送を流してるのですから国営にしない限り義務化は出来ません現状でも、支払いの義務はあります。支払う『契約』をしないといけないからです。ただし、個人的見解ですが、受信料の支払いをしなければいけないという判決は合憲ですが。それの強制執行は違憲であると考えています。テレビが無い家でもスマホのワンセグ機能パソコンでもNHKが見れる法案が通ったらしいですねこれはもうNHK料金義務化されてるようなもんですそこから国民を助けようとしているのが立花議員なぜ「受信料の支払いが義務化される」と?その根拠を教えてください。支払い義務=未払者に対する執行権をNHKに与えるということになります。行政機関でもない1法人にその様な権限を与えるのは無理ではないかと思います。例えば納税は国民の義務として義務化されてます。税金を不払いした場合、行政は執行機関としての権限がありますので、税務調査等の捜査権や資産差押えの上で公売による現金化に至るまで権限を有しております。因みに水道料金の未納であつても上記の様な権限を有しておりません。