運転免許証とは 免許証番号住所氏名電話番号生年月日勤務先

運転免許証とは 免許証番号住所氏名電話番号生年月日勤務先。損害保険会社勤務です。免許証番号住所氏名電話番号生年月日勤務先任意保険の番号や車検証に記載の車の情報等!半年で月8万円稼ぐアフィリエイトサイトを作る為の39の手順。今後の為にご教示ください
交通事故(物損)です
信号停止時にぶつけられました
こちらは被害者側です 相手方(勤務先のトラック)
事故直後降りてきた加害者側から
相手の会社書式の事故報告書を出され
空欄を埋めるよう言われました
(免許証番号住所氏名電話番号生年月日勤務先任意保険の番号や車検証に記載の車の情報等)
当方としては被害者側でやましいことも無いですが
気持ち的には何だか嫌だなと思いつつも事故だから仕方ないのかなと思いつつも
うながされるまま記載しました
こちらもメモ用紙に同じ情報を加害者に書かせるので精一杯でした
(こちらは自宅住所を記載しましたが相手は会社の住所しか記載していませんでした)
その後警察が来て処理してもらいすぐに終わりましたが
後で考えてみると相手方の書式など相手都合なのだから
住所氏名電話番号位であまりに細かなことは記載拒否出来たのではないかと思いました
(加害者の人は平謝りでしたし悪い印象はございません )
このような場合、
相手の会社内の事故報告書書類の記載は拒否することは出来るのでしょうか
不慣れだとはいえ無知でお恥ずかしいのですが
是非今後の為にもご教授お願い致します
宜しくお願い致します 自動車保険の加入時に必要な書類は。自動車保険に加入する際には。車検証。運転免許証等の各種書類が必要になり
ます。また。自動車保険を扱う保険会社には。インターネットや電話で
見積もりを取り。契約をするダイレクト型と。担当者が対面で見積もりを取り。
車検証?免許証?運転する人の氏名。性別。生年月日?保険証券?更新案内の
郵送物新たな車検証登録番号が記載された車検証が必要になります。 《必要な
もの》 ?車検証コピー 契約期間中の変更は。保険会社に申告し。書類を

TOEICのリスニング問題よりも294倍以上面白くて刺激的な免許証番号住所氏名電話番号生年月日勤務先任意保険の番号や車検証に記載の車の情報等で英語を学ぶ。運転免許証とは。自動車保険の契約時に参照する項目も記載されていますので。お見積もりやご
契約の申し込みの際には運転免許証も用意し個人個人に割り振られた番号が
記載されています。 種別 大型?中型?普通等の運転できる車両の情報が記載
されています。運転免許証の更新手続きが行えるのは。有効期限が切れる直前
の誕生日の前後ヶ月ヶ月間となります。運転免許センターや警察署で。
変更届。住民票の写し?郵便物等の住所や氏名の変更が確認できる書類を提出し
て手続き加入時の必要書類は。情報は「車検証」「免許証」などの公的な書類のほか。保険会社が発行する「
保険証券」に記載されています。これらの書類に記載また。ケースによっては
必要になってくるのが車を運転する同居家族の性別や生年月日です。会社
によっては同居している家族で免許を持っていたら必ず氏名。性別。生年月日が
必要なケースもあります。さらに言えば。継続ご加入中の契約がある場合
保険証券 契約内容お車等。主な運転者等に変更がある場合。車検証が必要
となります。

古物商が気をつけるべき「本人確認業務」とは。古物営業法とは。中古品やリサイクル品など。古物を取引する際に必要な規制等
を定めた法律です。運転免許証や健康保険証など。相手方の身元を確かめるに
足りる資料の提示を受ける; 勤務先や家族など。相手方に対して&
パスワードや会員番号等を付与し。回目以降はその情報等の提供や当人認証処理
を以って本人確認とすることも可能です。5相手方から運転免許証等の
チップ情報住所。氏名。年齢。生年月日の送信を受け。当該情報に記録

損害保険会社勤務です。怪我をされていないということで何よりです。仰る通り、住所氏名電話番号で事が足りると思います。ただ相手側が保険会社に報告するにあたり、車の情報が必要だったのであると考えられます。相手側に伝えなくても、後ほど相手側保険会社から聴取される内容です。生年月日は、怪我をされて通院する場合は必要になります。これも保険会社に答えたらいい内容ですが、後の手間を省くものだと考えられます。免許証番号と勤務先は必要ありません。警察に言っても自分は相手に相手のは自分に名前、住所、電話絶対に情報は行きますよ。あとお互いの保険会社にも同様情報がいきますよ。相手都合の書類なら、相手に書かせるべき自分では絶対かかない。住所については、いずれ事故証明に記載されるので仕方ない損保会社で人身事故の担当者をしています。>相手の会社内の事故報告書書類の記載は拒否することは出来るのでしょうか?拒否することは可能です。ただし、ご質問者様側からの損害賠償請求にあたって、いずれは開示しなければならない情報もありますので、そういった項目については記載に応じておけば、その後の対応がスムーズだと思います。物的損害のみでおケガがないなら、住所?氏名?電話番号?車検証に記載の車の情報等が必要項目になります。おケガがあるなら「生年月日」も必要になりますし、おケガによって休業を余儀なくされた場合には「勤務先」の情報も、いずれは必要になります。一般に、運送会社やタクシー会社の社内事故報告書の様式は、どのような交通事故にも使える汎用的なものになっています。ですから、今回のように、ご質問者様側に過失のない交通事故では不必要な情報についても記載をする形式になっているのです。加害運転者本人に交通賠償問題についての十分な知識があれば、必要な情報のみの記載を求められたはずなのですが、おそらく、加害運転者本人が交通賠償問題に不案内だったのではないかと思います。追伸私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。拒否はできますよ。それは被害者、加害者どちらでも同じ事です。ただ今後の賠償問題で揉めるという事は考えられます。